僧侶派遣サービスを利用する

おすすめ

葬儀や法事で悩んでいる方へ

何も知らないままできてしまって、いざ法事やお葬式を上げることになると何をやっていいのかも分かりませんね。そんな時は、全国でお坊さんを派遣しているサービスに聞けば何でも答えてくれるし準備をしてくれて費用は定額で余分なお布施も取られないので安心して依頼できました。

お坊さん便

>>お坊さん派遣サイトを見る

覚えておきたい3つのこと

納棺師として新たな仕事の才能に開花する青年を美しく表現している

"当初観るまでは、本木雅弘と広末涼子が出演する映画という事から、洋画で少しメジャーになったと勘違いしている女優と、ジャニーズからの派遣俳優の自己満足映画だと、ある種ちょっと偏見を持っていたのですが、それは実際、本当に愚かな先入観でした。 納棺師という職業の事も全く知らなかったので、そうした仕事の事を少しは知る事が出来て良かったという事もありますね。 私が経験した葬儀という儀式の中では、葬儀社の人以 >>納棺師として新たな仕事の才能に開花する青年を美しく表現しているの詳細を確認する

お坊さんに出すお菓子

"私の実家は仏教の中でも、曹洞宗を信仰しています。 実家は田舎で、各家庭で信仰を決めるのではなく、その集落全体が曹洞宗になっています。 お寺が一つあり、お坊さんは一人です。法事があるとなると、決まってそのお坊さんにお願いする ことになります。 法事の時にお坊さんに出すお菓子は、和菓子です。特に決まってはいませんが、おまんじゅうを出すことが 多いです。おまんじゅうと言っても、何でも良いというのではな >>お坊さんに出すお菓子の詳細を確認する

そろそろ法事の季節です。

" そろそろ法事の季節です。私は、東京生まれなので盆は7月です。 毎年、この時期は住職が来られた時の食べ物にすごく気を使います。 住職が到着されるとまず、冷たいお茶をお出しします。 少し、汗が引かれたところでお経をお願いします。 お経は約20分程度で終わります。  次に、問題のお菓子をお出しします。 私の場合は、いつも2種類用意します。 盆の場合は、まず、季節柄蒸し暑いので出来るだけ冷たいものを一 >>そろそろ法事の季節です。の詳細を確認する

お坊さんにお菓子を出すタイミング

"もうすぐお盆です。初盆を迎える方もいます。 初七日法要や四十九日法要などではじめてお坊さんに読経に来てもらう人もいるでしょう。 お坊さんにお菓子を出すタイミング、またお菓子の種類などどういったものがよいのか、調べてみました。 基本的に、お菓子は個包装の和菓子が好まれるようです。ゼリーや羊羹などその場で食べなければならないものは少し避けたほうがよいでしょう。 お坊さんはこのあと何件も回らなければな >>お坊さんにお菓子を出すタイミングの詳細を確認する

お寺さんにお出しするお茶菓子

"私の家は、今のお坊さんの先代、先々代と長きに渡ってお世話になっている田舎の古い家ですので、あまりかしこまらずにお付き合いさせていただいております。 ですから、法事でお寺さんにお出しするお茶請けは、お茶菓子もあまり型にはまらず、その時に家にある中で一番召し上がってもらえそうなものをお出ししています。 ”一番召し上がってもらえそうなもの”というのは、滞在のお時間によって決めるようにしています。 月命 >>お寺さんにお出しするお茶菓子の詳細を確認する

個人の顔を見て思い出されること

"今まで何度かお葬式に行きました。死ねば仏という言葉がありますが、私が見てきた個人の顔は皆穏やかで、本当に仏様のように見える人ばかりでした。悲しいことは悲しいんですが、その顔を見て何を思い出すかは、私の場合、付き合いの距離感、例えば両親と友達で違いました。 亡くなったのが友人の場合、もっぱら楽しかったエピソードを思い出しました。旅行に行った時のことや、一緒にカラオケや食事に行った時の事等ですね。た >>個人の顔を見て思い出されることの詳細を確認する

できるならできる限りの親孝行をしたい

故人の写真の前では何歳になっても、子供の頃の自分のままです。そして歳を追うごとに年齢も近づいて行きます。不思議な感覚です。ずっと母と感じながら、今は当時の写真と同じ年齢になるのです。母と同じ歳なのです。そしてこんなに母は早く亡くなったのだと感じ、人生半ばを痛切にします。幼少の頃、母に手を引かれ歩いた思い出。多感な時期に心ない言葉で母に接したこと。楽しいというより、嫌な思い出ばかり思い出します。きっ >>できるならできる限りの親孝行をしたいの詳細を確認する

高校の時に参列したお葬式

"私が初めて参列したお葬式は、高校生のときに亡くなった、祖父のお葬式でした。 長いこと闘病生活を送っていた祖父は、たしか80歳ぐらいだったかと思いますが、最後のときを病院で迎えることになりました。 私が祖父と対面したのは、祖父がお棺に納められて自宅に戻ってきてからのことでした。 お棺のなかにひっそりと横たわった祖父は、最後に会ったときよりも、なぜか、ふっくらとつややかな様子で、ただ眠っているだけの >>高校の時に参列したお葬式の詳細を確認する

故人の顔をみて思いだす事

"お葬式の時に故人の顔をみているとその人と話をしたことを思い出します。 近所の人が亡くなった時には、故人の顔をみてよくうちのお店にきて話をして近所の人たちと話をしていて元気があった事を思い出します。 身内が亡くなった時は、顔をみていると私が子供だった時のころを懐かしく思い出します。 親戚のおじさんが亡くなった時にはかわいがってくれてよく色々な物を買ってもらったなとか楽しい思い出ばかりを思い出します >>故人の顔をみて思いだす事の詳細を確認する

最期の笑顔

"先日、42歳の若さで友人が亡くなりました。 彼女は息子の高校野球を通じて知り合った「ママ友」です。 高校球児を持つ母親なら解るかと思いますが、野球部には「父母会」というものがあり、子供が部に在籍中は、殆ど毎週、公式戦や練習試合があり、母たちはそのたびに手伝いに行かなくてはなりません。つまり、母同士も、殆ど毎週、顔を合わせるのです。 そんなわけで、同学年の母たちも、部員同様、とても仲良くなります。 >>最期の笑顔の詳細を確認する

最新のエントリー一覧

そろそろ法事の季節です。
" そろそろ法事の季節です。私は、東京生まれなので盆は7月です。 毎年、この時期...

お坊さんにお菓子を出すタイミング
"もうすぐお盆です。初盆を迎える方もいます。 初七日法要や四十九日法要などではじ...

お寺さんにお出しするお茶菓子
"私の家は、今のお坊さんの先代、先々代と長きに渡ってお世話になっている田舎の古い...